*身旬堂*サマージュ季の便り

大阪市阿倍野区にあるゆるリラメンテ処「身旬堂」のブログです。予約状況やイベント、キャンペーン情報などのお知らせ、日々の出来事などをお伝えする場所です。HPはコチラ→http://shinsyundo.com/

緩んで下さい

Makikoです。

今日のお客様はフットとヘッドマッサージ90分のコースを受けて頂きました。


90分とって頂くとゆったりとしてお好きな箇所を緩めて頂けます。(フット、ハンド、ヘッド)


身旬堂では頭から足先までのケアをご準備しています。


足で今の身体の中の不調がわかり、改めて身体の声を聞くことができます。


何気なく過ごしている中でクセが不調を呼び起こす事がわかってきます。


ヘッドマッサージでは頭のコリを緩めて血流を良くしていきます。


お客様のお身体を触らせて頂くと、面白い事にフットマッサージの時は色々なお話をしてくださいます。


今日、1番の感動した話


「今までは歳を重ねてしわやたるみが気になっていたけど、やっぱり内面ですね!」


と確信してお話してもらうとこちらまで頑張ろ!と心がパワーアップします。


何歳になっても元気でいようという気持ちが、自分のパワーアップにもつながるんですね。


それには運動もおしゃべりも大事!

こんな時こそです。


身旬堂ではそんな皆さんを応援してます。


おしゃべりも楽しみに来てください。

お好きなメニューを選んで下さい。


その後、今日のお客様はヘッドマッサージ


構えていた心もすっかりリラックスして無口になられます。

もったいないと言わず、眠ってください。


ほんとに心が緩んで気持ち良いです。


そしてマスクを外したらゆっくり深呼吸です。


f:id:shinshundo:20210511150328j:plain


玄関では金太郎さんと春の花がお出迎えです。

緊急事態宣言

junkoです。


「緊急事態宣言」が延長されました。

レッスンは再開できると思ってたのですが、残念ながら全てレッスンはお休みとなりました。


正直めちゃ悔しいです。

定員も半数に減らし、みなさんにマスクしていただき除菌もしております。

免疫力あげるためにも、気分転換にも、運動で気分を上げるのも、深呼吸で心肺機能をあげるためにも、レッスンはメンバー様にとって大切な場所だと信じております。


レッスンでしゃべってるのは私だけです。

私も喋らず紙芝居のように説明書きしてでも正直やりたいです。


年齢によっては気分に体調が引っ張られます。

誰とも喋らず行くところもない、悪いニュースばかりでは、心配、不安はつのるばかりです。


もし、よかったら身旬堂のパーソナルを受けてください。

リクエストなんでもお聞きします。

汗をかきたい。

体を伸ばしたい。

寝転んでやりたい。

イスでやりたい。

家でできることを教えてほしい。

浮腫とりたい。


窓二つ全開、扇風機を回して換気充分の中、身体のためにも気持ちのためにも心地よく体を動かしてみませんか?


お待ちしております。


身旬堂の小窓、毎日かわいい小花を入れてます。



f:id:shinshundo:20210510211514j:plain




Z世代

Makiko です。


今日は母の日🌹


少し前は手紙で

「お母さんありがとう!」

と送ったものでした。


LINEをされている方はご存知かと思いますが、あるワードを入れると、それに関係する絵が出てきたり、飛び出したりしてきます。


「すご〜い」

いつも感心します。


デジタルに強い、ソーシャルメディアに強い今の若い世代をZ世代というそうです。


1995年から2009年に生まれいる人です。


ゆとり教育、親が専業主婦から共働きが多くなった時代とも言われています。


Z世代が活躍しやすい雰囲気を作るためには、プライバシーや個人の価値観を尊重する、コミュニケーションを大切にするなどの意識が必要なんだそうです。SNSでコミュニケーションや情報収集にも慣れていて、世界を広く知っているZ世代と、アナログな上の世代にとっては理解して仲間意識を持って接することで、良好なコミュニケーションが取れるのです。ひと昔前は上司に叱られることが当たり前だったけど、否定せずにアドバイスをあげる時代なんですね。

なかなか、ついていけませんが、この世代の良きところを見つけて繋がっていければと思います。


デジタルについていくぞ 頑張るぞ。


でも、手書きのお母さんありがとうは

たまには嬉しいですね。

f:id:shinshundo:20210509185936j:plain





明日は母の日です

junkoです。

5日前680円

3日前1080円

1日前の今日1580円


鉢植えカーネションの値段です。

同じような鉢植えで2980円のところもありました。


嫁が姑に送る値段です。

子どもが母に送る値段ではありません。

小さな子ども達はもぅ、元気で笑ってくれてるだけで今年は充分だなぁと思います。

f:id:shinshundo:20210508235407j:plain

お客様に一輪のカーネションいただきました。

ありがとうございます。

親子3代でお越しいただき、昨日はダンナサマも来ていただきました。

ご夫婦揃って腕の同じツボに反応されました。

「小海」(しょうかい)です。

肘から前腕の痛み

腕の神経痛

五十肩

クビの後ろのコリ

むち打ち症

肘のしびれ

腕肩はもちろんですが、耳鳴り、めまい、脳貧血、嘔吐、歯痛、心臓疾患からくるさまざまな症状にめ効果がありと言われています。


場所は肘を曲げて横ジワができます。

このシワの小指側のところです。

グリっとした骨あたりを色々おすと反応する場所があります。


自分でも触りやすいので、指で押してこねるようにしてみてください。


母へ肩たたきではなく、今年は小海押しはいかがでしょうか?

(人によりものすごく痛がります。はじめは柔らかく押すからはじめてください)





紫外線ケア

こんにちは。yukakoです。

 

今日はとてもいいお天気で暑いくらいでしたね!

題名にも書きました紫外線。

日々の生活の中で紫外線を浴びる機会って案外多いんですよね。

 

 

洗濯物干し、ゴミ出し、庭のお手入れや、通勤にいたるまで今からの時期はちょっとしたことが日焼けの元となり、老化の原因ともなります。

 

そして、皆さまの紫外線へのイメージは

紫外線=日焼け=真夏

と思われてる方が多いです。

 

 

確かに7月8月の日焼けはジリジリと短時間でも真っ黒になってしまいますが、紫外線量としては5月〜8月までほとんど同じなのです。

 

 

という事は、紫外線ケアをせずに少しだからといって素肌で外に出ようもんなら、今は目に見えないシミの予備軍が肌の奥からどんどん増えてきます💦

そのシミは、なにもしなければ5年もあれば表面化してきます。。

できれば表面化する前に薄くしたいものです。

 

 

紫外線ケアとして、肌をマッサージなどで柔らかくし、水分をたくさん補います。

そしてコラーゲン等紫外線によって失われた栄養素(美白の美容液など)を補給してバリア機能を整えます。

 

 

簡単な紫外線ケアはお風呂の湯船に浸かりながらマッサージなど、ご自身でもできます(*´-`)

5年後のお肌のために今できる事を、、

 

 

本格的なマッサージや導入、リラックスされたい方はぜひサロンまでお越しください♪

 

 

一足お先に母の日のお花を贈りました💐

f:id:shinshundo:20210506212901p:image

 

 

立夏です。

junkoです。

 

 

立春の次は立夏です。

さぁ、夏です。

f:id:shinshundo:20210505235408j:plain

あいにくの雨の子どもの日となりました。

沖縄、奄美は梅雨に入ったそうです。

 

不穏な空気が流れ、むつかしい顔をして下を向きそうになりますが、下を向いても何も落ちていません。

こんな時期こそ、胸を張って大股で歩きましょう。

とは、いうものの歩き方を気にせず、たくさん歩いても足、膝、股関節、腰を痛めるだけです。

 

腰痛も足のトラブルが原因のこともあります。

 

走ると体重の3倍が片足にかかると言われているのは知ってる方も多いと思います。

では、歩くのは?

1.2倍です。

体重50キロの人が1日7500歩、歩くと足にかかる負荷はトータル450トンになります。

正しく足底に体重がかかっていると、そんなに問題はないと思いますが、歪んでたり変なところに力が入ってたり、膝をかばってあるいていると、足裏のアーチは崩れてきます。

年齢で急にアーチが崩れたのではなく、長年の積み重ねです。

 

それなら今更、歩き方を習ったところでクセもあるし、よくならないんだ。と思った方。

そんなことはありません。

だからこそ、大切に足を使ってください。

真剣に足、脚と向き合ってください。

 

あと、何十年歩き続ける足です。

歩くだけの筋肉だけでなく、足、脚全体の筋肉を使うことを考えましょう。

横歩き、後ろ歩きやスキップもしてみましょう。

特に女性は靭帯組織が柔らかく、骨や筋肉などはホルモンバランスの影響をうけやすいのです。

男性より膝、股関節を痛めやすいのはその辺の関係があると思います。

 

これから、足のためにできることはたくさんあります。

 

健康な足づくり、はじめていきましょう。